院長挨拶

さまざまなスタレスにさらされている現代社会では、誰でも心や身体を不調にする可能性があります。当院は、心を不調にした方々が気軽に受診でき心を癒すための止まり木となりたいと願って 1991年(平成3年)4月1日に開院しました。
現在は外来機能に加えて種々のデイケア(認知症デイケア、精神科デイケア、高次脳機能障害デイケア)があり、さらに相談支援も行っています。
介護保険施設(小規模多機能型居宅介護施設)ともども障害を持った方々が尊厳をもって生きていけるよう支援を続けていきたいと思っています。

院長 profile

高橋 幸男(たかはし ゆきお) 医療法人エスポアール出雲クリニック 理事長・院長

1948年
(昭和23年)
出雲市生まれ
1978年
(昭和49年)
東北大学医学部卒業
岩手県立南光病院、鳥取大学医学部付属病院を経て島根県に帰り、
1984年
(昭和59年)
隠岐病院勤務(精神科院長)3年間の離島の精神科医療を行う。
1987年
(昭和62年)
島根県立湖陵病院勤務(医療局長)
その後、世親改良には外来診療が大切との思いから
1991年
(平成3年)
4月エスポアール出雲クリニックを開院
1993年
(平成5年)
3月認知症老人デイケア「小山のおうち」を併設
1999年
(平成11年)
4月精神科デイケア「ピノキオ」を併設
2006年
(平成18年)
8月高次脳機能障害デイケア「きらり」を併設
≪介護保険施設≫
小規模多機能型居宅介護施設「おんぼらと」
認知症高齢者グループホーム「おちらと」を併設

島根大学医学部臨床教授、精神保健指定医、精神科専門医、老年精神科専門医、日本精神神経学会指導医、日本老年精神医学会指導医、認知症ケア専門士、島根県立大学短期大学部出雲キャンパス非常勤講師、島根県リハビリテーション学院非常勤講師、出雲の精神保健と精神障害者の福祉を支援する会「ふあっと」代表